スポンサードリンク

イタリア旅行記!ベネチアで泊まった「ホテル・プリンチペ」の感想


ベネチア・サンマルコ広場の写真!鳩とカモメと観光客で賑わってたよ!



STW(ムーンシェル)さんに組んでもらったハネムーンプラン。
ホテルもおすすめをチョイスしてもらって泊まりました。今日はそのホテルの感想を書いていくよ!




【スポンサードリンク】




ホテル プリンチペ(principe)@ベネチアのお部屋の感想


ホテルプリンチペはカナルグランデ沿いにある4つ星ホテル。ベネチア唯一の鉄道駅「サンタルチア駅」から徒歩5分という、海外旅行初心者、チキンハートの私にとって安心のホテルでした。
部屋の雰囲気はゴージャス!リッツカールトン!やばばばば/////(リッツ1回しか行ったことないけどw)

外にはカナルグランデ!



写真下手すぎだろwww感動が伝わらねえwww

2人だとツインかダブルの部屋ですが、私たちが通されたのはダブルのルームでした(事前には選べないっぽい)。

もっと写真撮ってくればよかったな…。とりあえずお風呂は透明のガラスで仕切られていました。トイレが2個あると思ったら夫が「こっちで用を足しちゃダメだよ!これはイタリア式のウォシュレットだから!」と言いました。

とりあえずプリンシペのバスルーム写真をお借りして貼っときます。https://goo.gl/maps/llMgt

そうそう。。強いて「これはちょっと…」ってところをあげれば「便座が大きい」ことですね。日本人の小尻にゃちょっとデカすぎましたwww(フロントの奥にあるトイレは便座が小さかったよ!untiをするときはここでしよう!ポイントだよ!)

フロントの対応もよかったよ!



フロントはこんな感じ。
初日は空港からホテルまで送り届けてくれた送迎の方にチェックインの手続きをしてもらいました。そこまでしてくれると思わなかったからチップをはずんだよ。

海外のホテルって鍵を受け取ったら「GO AHEAD!!!!」っていってフロントから追い出されるイメージを持っていたけれど、フロントの方はニコニコしながら対応してくれたし、キャリーケースやドレスバッグも部屋まで運んでくれる人もいたし、「イタリアにもおもてなしの文化があるんか!」と思いました(当たり前のことなの?)。

そういや海外のお店の対応って映画とか、ドキュメンタリーのマクドナルド30日食べるやつのマック店員しか見たことなかったな…(海外旅行はじめて&田舎っぺすぎて外国人に萎縮してる人の脳内)。

初日の対応もよかったし「I AM ○○. I'M STAYING 119. WHERE IS TOILET?」と適当な英語並べてトイレどこだよって聞いても笑顔で対応してくれました。
Stayの意味と使い方。滞在って覚えてると使いこなせない!? | 初心者英会話ステーション

「Wi-Fi PASSWORD PLEASE.(ツイ廃の目をしながら)」といったときに、とびっきりの笑顔でパスワードをくれたフロントの方の笑顔を今でも忘れられません。

朝食サービスも最高でした><♡




3泊したうちの2食分の写真を撮りました。もう1食撮ってもわい、同じのしか食べないしなw

フルーツがたくさんあって最高でした><。さすがイタリア!ワインの名産地というだけあってぶどうがたくさんありました。チーズのレベルも朝からたけええええ!って感じで興奮しました。

夫は朝からがっつりベーコンとかスクランブルエッグ、クロワッサンを食べていました。

テラス席もあるよ!


肝心のテラスが写ってねえよ><。ボケナスだよ><。ここはまたGoogle Map先輩に頼るしかない。エイッ!




「ここで食べたい!」と思いましたが、どうやらテラスでの食事は1人5ユーロ別途かかるようだったのでやめました。


中も充分オシャレで素敵だったお><♡
日本人のお客さんも1組見かけました。でもだいたいは外国人だったなあ。

つらかったところ

充分、十二分に素敵なホテルで感動しっぱなしだったのですが、1つ「これはつらい」と思ったところがありました。それは、部屋までWi-Fiの電波が来てくれないってところ!

ツイ廃の私にとって、強制的にデジタルデトックス環境に置かれるのはちょっとつらかったですね。ハネムーン旅行のときぐらいツイッターやめろやって思います?依存症だ!ほっとけ!www

ロビーではネットに繋がったので、朝食が終わってロビーで30分ぐらいツイッターしてましたな。ローミングしようか本気で迷いましたが、高額請求がこわいのでしませんでしたよ。

あ、あと運河沿いということもあり、朝から運送業のおっちゃん達が「ボンジョルノー!」「Foooo♪」と歌ってるのがちょっとうるさかったですwでもこれは「Oblivion」っぽい雰囲気で悪くはなかったっス。

最後に

ミノタケストを名乗っておきながら、身の丈に合わない素晴らしすぎるホテルに泊まってhshsしてきました。ホテルの近くにお店もたくさんあったし、いやはやいいホテルでしたな。思い出すだけでも嬉ションしちまいそうです。

海外挙式の準備や予算、挙式当日のことからハネムーンのことまで綴っていくコーナー


【スポンサードリンク】




Share on Google Plus