スポンサードリンク

私たちが海外挙式にベネチアを選んだ理由とムーミンワールドが却下された理由

Rialto Bridge Grand Canal.jpg
"Rialto Bridge Grand Canal" by Saffron Blaze - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.



前回の記事に引き続いて、今回は「なぜ国内挙式ではなく海外挙式を選んだのか」「なぜイタリアのベネチアを選んだのか」「候補にあげていたムーミンワールドがなぜ却下されたのか」について書いていきたいと思います。

0.まえがき


結婚する前〜結婚した直後の私は、結婚式そのものにあまり興味がなく「ナシ婚でも別にいいのでは」と考えていまいした。
実際友人でもナシ婚の人は数人いますし、そもそも体型に自信がない私は、「私が着るの?ウエディングドレスを!?!?」とタジタジしていました(当時60キロ弱)。
しかし、夫は「いやいや挙げようよ!2人の思い出なんだからさ」みたいな感じでノリノリ。夫の友人はみんな挙げてるんだとさ。

アラサーの私は「今の時代、ナシ婚も多いよね」という感覚、アラフォーの夫は「いやいや、普通は挙げるものでしょ?」という感覚。年齢による考え方の違いなのかはよくわかりませんが、夫に流され「まあ、挙げてもいいか」ということで結婚式をする方向に。


【スポンサードリンク】




1.なぜ海外挙式を挙げることになったのか


Wedding of Nicholas II and Alexandra Feodorovna by Laurits Tuxen (1895, Hermitage) crop 01.jpg
"Wedding of Nicholas II and Alexandra Feodorovna by Laurits Tuxen (1895, Hermitage) crop 01" by anonymous copy after Laurits Tuxen's (1853-1927): Wedding of Nicholas II and Alix of Hesse (1895) (detail) - http://www.artsstudio.com/reproductions/paintings/tuksen_wedding-14.jpg[dead link]. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.

夫の「結婚式」に対する考え方はこうでした。
「結婚式を挙げるなら、ハネムーンもかねて遠くで挙げたいよね」

確かにそっちのほうが効率がいいな!?
私も旅行が好きなのでノリノリで「いいですな〜♪沖縄?軽井沢?白神山地!?」といいました。すると夫は「えっ!?国内???」と言いました。私は「えっ!?海外???」と返しました。

夫曰く、
「国内で結婚式挙げるとなったら披露宴しないのはまずいでしょ」
「海外で結婚式を挙げてきます。お土産買ってきますねのほうがいいでしょ。」
とのこと。

We are コミュ障!人として披露宴を挙げられるレベルに達していない!
(関連リンク:私たち夫婦が披露宴をあげない結婚式を選んだ7つの理由

つまり、国内挙式を選ばなかった(選べなかった)のは、

・披露宴を挙げたくないから(国内で挙げるとなると親族や友人を呼ばなくてはいけない)
・できるだけひっそりと挙げたいから

この2つが根底の理由。要するに「人として欠陥があr(ry

外向けの理由としては、

・海外挙式のほうが国内と比べて安いから
(海外挙式の場合、総額平均約100〜120万円、国内挙式の場合、総額の平均は310万円。あらいいメリット)
・ずっと憧れていたから←

こんな感じです。

2.なぜベネチアでの結婚式を選んだのか


Piazza San Marco with the Basilica, by Canaletto, 1730. Fogg Art Museum, Cambridge.jpg
"Piazza San Marco with the Basilica, by Canaletto, 1730. Fogg Art Museum, Cambridge" by カナレット - Web Gallery of Art:   Image  Info about artwork. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.

夫婦で色々話し合って決めた・・・と見せかけて、夫は「結婚式を挙げるならベネチア!ベネチアがいい!」とベネチア一択。

「は?????」

理由を聞いてみたら、

・ジョジョの聖地だから
・なんかカッコイイじゃん

とのことでした。私はポカーンとしました。というのも、私が思い描いていた2人きりの結婚式っていうのが「森の小さな教会」とか「どっかのお花畑」とか、なんかそういう森ガール的な場所で挙げるものだったでござるよ…。

しかし夫は「厳か(おごそか)に挙げたい」という志向。「厳かってなんだよ。難しい言葉使うなよ。」と思いましたが、夫が今まで友人の結婚式に出席して「いいな」と思ったのが、厳かな結婚式だったんだとさ。

そもそも結婚式にこだわりがなかった私は「あらそうですか。それならそうしましょう。」とすんなり受け入れました。なんで夫のほうがロマンチックなんやwwww

3.ムーミンワールドでの挙式を却下された理由


Muminkoland.JPG
"Muminkoland" by Pawel Drozd Drozdp 14:28, 28 June 2006 (UTC) - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

すんなりと受け入れた私でしたが、ツイッターか何かでみたフィンランドの「ムーミンワールド挙式」にビビッと反応してしまいました。

ルネッサンス:海外ウエディングルネッサンス:海外ウエディング

というのも私は大のムーミン好き!!!家の中をムーミンだらけにしてしまったり、雑貨も服も食器もムーミンだらけwww
私は夫に言いました。「ベネチアをやめてムーミンワールドで結婚式を挙げようぜ!!!」

サイトを見せてニコニコと夫を説得したのですが、

「本気でいってるの?」
「写真を親戚に配ることになると思うけど、ここで挙げて配るの?」
「親戚の前で猫かぶって大人しくしてる君が、ここで挙げた写真を親戚に配るの?」
「俺は嫌だ。」

と言われました。
そうでしたね。私は親戚の前では猫の皮をかぶったチワワでしたね。ムーミン一家に祝福してもらって喜んでる写真を配るのは、色々アレですね…。

「ムーミンワールドには違う機会に行けばいいじゃん」

夫は言いました。私は夫を説得しに行った3分後、夫に「ベネチア挙式で決定だね」と納得させられていました。

まとめ


こんな感じで、ベネチア挙式を挙げる方向に話が進んでいきました。
思い出の場所というわけでもなく、ベネチアのココっていう場所を見にいくわけでもなく、「ジョジョの聖地だから」「なんかカッコイイから」という理由で・・・www

ちなみに私はジョジョの2部までしか中身を把握しておりません。夫の部屋にジョジョが全巻そろっているのですが、まだ読んだことがない。「5部だけでも読もうかな」と思っていましたが、読まないまま挙式まであと2週間。行ったあとに読もうかなwwwww

次の更新は「旅行代理店を3社まわってココに決めた理由」的な内容で書いてみる予定です。アッデュ。

海外挙式の準備や予算、挙式当日のことからハネムーンのことまで綴っていくコーナー



【スポンサードリンク】




Share on Google Plus