スポンサードリンク

健康状態を左右する自律神経、免疫、ホルモン…これらを整える食事を調べてみたよ

Clear sky.JPG
"Clear sky" by Suguru@Musashi/宮本すぐる - Suguru@Musashi/宮本すぐる. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.



最近「健康でいる」ということを意識して生活している管理人ですこんにちはー!
朝起きたら陽の光を浴びて、フルーツを食べて、自転車で仕事に出かける…みたいな。あれ?普通のことかwww

さて。最近「健康」について勉強しているのですが、健康でいる、すなわち心身ともにバランスのいい状態でいるためには「自律神経」「免疫」「ホルモン」、この3つの要素が重要になってくるのだそうです。
自律神経失調症を治すためには、「軽く運動をする」とか「体内時計を整える」とか「朝日を浴びる」「食事のバランスを整える」なんてことが言われていますよね。

・軽く運動する=リズム運動をする
・体内時計を整える=生活のリズムを整える
・朝日を浴びる=朝日を浴びて体内時計をリセット

自律神経を整えるには、とにかくリズムよく生活することが大事なのだそうです。といっても仕事が忙しかったりすると、ついついリズムが乱れてしまいがち。
「自律神経」「免疫」「ホルモン」はみなそれぞれに手を繋いでいるように関わりあっていて、自律神経が乱れてしまったら免疫力が低下してしまったり、ホルモンバランスが崩れてしまったりするそうです。

一番いいのはリズムよく生活することなのですが、それが難しい場合は、せめて食事だけでも気をつかいたいもの。ということで今回は、これらを整えるための食事方法や食材について詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】





自律神経を整える食事について


Gray838.png
"Gray838". Licensed under パブリック・ドメイン via Wikipedia.

自律神経のバランスを整えるためには、毎日3食、規則正しく食事をとることが望ましいと言われています。
「仕事が夜遅くまで長引いてしまうから、夕飯が遅くなっちゃうよ。そして朝も忙しくて食べれない。」という方もいるかもしれませんが、その場合は、朝は手軽に食べられるシリアルバー、夜は18時ぐらいになったら軽くおにぎりを食べる、夜食は軽めに…といった形で食事をとるのがいいようです。

また、リズムよくしっかりよく噛んで食べましょう。自律神経=リズム。リズムリズムいいすぎて、ゲシュタルト崩壊してまいりました。

食べ物は心の状態を穏やかに保つ「セロトニン」を増やすものを積極的に選んで食べましょう。
「セロトニン」を増やす食べ物は、

・乳製品(牛乳やチーズ、ヨーグルト等)
・バナナ
・ナッツ類

などが挙げられます。

免疫力をアップする食事について


Red White Blood cells.jpg
"Red White Blood cells" by Electron Microscopy Facility at The National Cancer Institute at Frederick (NCI-Frederick) - [1]. Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ.

私たちが生活する上で空気は必要ですが、この空気中には多くの菌(ウイルス)が含まれています。風邪を引いてしまうのもウイルスが原因ですね。免疫力が弱っていると、感染しやすくなります。また、体内で発生するがん細胞に抵抗するにも、この免疫が必要。

免疫力を高めるために食べるといい食べ物はなんでしょうか。

・発酵食品(ヨーグルトや納豆など)
・レンコン
・長芋
・ニンニク

免疫力を高めるということは、腸内環境を正常に保つということ。善玉菌を増やす発酵食品を積極的に食べるといいようです。
また、長芋や蓮根のネバネバの成分は「ムチン」といって、粘膜の保護や修復のはたらきがあります。胃腸の粘膜を正常に保っておかなくては善玉菌も増えませんからね。蓮根や長芋も積極的に食べたいところです。

「ニンニクを食べると元気になる」といわれていますが、それはニンニクの「アリシン」が免疫力を上げる作用があるからです。

ホルモンバランスを整える食事について


Biogradska suma.jpg
"Biogradska suma" by Snežana Trifunović - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

女性はとくにホルモンバランスの乱れに注意しておきたいですね。生理不順になったり、甲状腺ホルモンのバランスが崩れるとバセドウ病になってしまいます。

ホルモンバランスを整えるためには、

・大豆製品(豆腐や納豆、豆乳)
・ビタミンB6(まぐろやカツオ、レバー)
・アボカド

を積極的に食べるといいようです。アルコールをよく摂取する人はストレスのない範囲で、少しずつ控えていくようにしましょう。

まとめ

身体の健康状態が悪くなると心にまで影響が出ます。逆もまた同様。心身ともに健やかに人生を楽しむためには「健康でいる」ということが基本です。
忙しい中でも、食事のバランスに気をつけて健康を意識して生活するようにしていきたいですね。
Share on Google Plus