スポンサードリンク

ダイエットで体重を半分にしたYo!痩せて気づいたメリット・デメリットを書くYo!

まだダイエットに成功していないの?

守りたい、この笑顔…

どうも、ビフォーアフターにてごきげんよう。「岩手の魅力管理人」です。 身長162センチ、ピーク時の体重は98キロ、現在51キロ。目指すところは49キロの「岩手の魅力管理人」です。

49キロになったらちょうどピーク時の半分なので、「どうも〜!中の人で〜す♪」というギャグをかましてやりたいところですが、そんなことをやっても寒いことはわかっているので我慢します(タイトルはすでに体重を半分落としたことになっていますねwいいんです。どうせ落とすんですから☆)。


さて、高校を卒業して大学に入学。しばらく経って19歳から真面目にダイエットを始め、21歳で53キロまで体重を落とすことができました。
しかしそこから67キロまでゆる〜くリバウンドしていき、さすがにまずいと思って、コツコツとダイエットを再開。現在やっと51キロまで戻ってくることができました。
50キロを切ったら10歳ぶりの40キロ台ですので、はやく到達したいところですね!もう太らないぞぃ!!今つけてる8号の指輪のサイズを6号に直すぞぃ!!

※一説によると、体が自分の体型を記憶するまでに3年は要するらしいので、ダイエット成功したらその体重を3年はキープしないとリバウンドしやすくなるようです。

とまあ、こんな感じでダイエット人生を歩んできた わけでありますが、紆余曲折しながらも色々と気づいたことがあります。「体ってこうなんだ」「食事ってこうなんだ」「運動ってこうなんだ」「人ってこうなんだ」とか色々。もう、本当に色々と気づきました。

っつーことで、これからダダーッとダイエットで学んだこと、気づいたこと、メリットやデメリット等も含めて書いていこうと思います。


【スポンサードリンク】





痩せて気づいたこと30個


1.有酸素運動は苦しくない


ジョギングとかデブすぎて苦しい思いしかなかった私ですが、自分のペースを保って走れば有酸素運動ですから苦しくないです。苦しいのはペースが乱れているだけだと気づきました。自転車最高です。自転車は座って漕げるので、 虚弱な私にもぴったりなスポーツです。

2.痩せると周りの人が優しくなる


痩せたら周りの人が優しくなりました。男性が荷物を持ってくれるようになりました。太っているときはお荷物的存在でした。困っていると助けてくれるようになりました。優しくしてもらえたおかげで、私も男性を憎まず、優しく接することができるようになりまいsた。

3.痩せると出不精がなおる


お出かけが楽しくなりました。太っているときはベッドの上から動くのがつらかったです。

4.痩せるとオシャレなお店に入れるようになった


オシャレなカフェにもスルッと入れるようになりました。といっても、ハイソなお店はまだ無理です。あーいう系とは人としてタイプが違います。

5.痩せたから結婚できた


太ったままだったら結婚できていなかったと思います。恋愛すらできていませんでしたからね。

6.ダイエットは一生続くもの


ダイエットして痩せたらそこで終わり…。そしたらまた太ります。ダイエットは一生続くもの。ダイエットは生活習慣の改善です。

7.巨体が体重を半分に落とすとGカップになった


50キロ台後半のころはE75でしたが、痩せたらG70になりました。Eのほうが響きが可愛げあるのに…。

8.鏡で自分の姿を見るのが苦痛じゃなくなった


鏡の前でポージングして、お腹やら背中を見るのが苦痛じゃなくなりました。昔は鏡から逃げていました。

9.メジャーで体を測るのが怖くなくなった


デブの頃はメジャーで測るなんていう、その発想すらありませんでした。しかし最近は食前と食後で測って「Wow!4センチも増えてるぞ!」とか言うのが楽しいです。

10.体重計には毎日乗るべき


体重計に何日も乗らないでいると、す〜ぐに2キロ3キロ増えています。体重計にはできるだけ毎日乗るべきだと思います。

11.健康に気を配るようになった


ダイエットしていると食べ物にちゃんと興味が出るようになります。そうすると「玄米がいいらしい」とか「"まごわやさしい"最THE 高」とか、健康に気をつけるようになってきます。

12.エアコンが寒い


夏のエアコン寒すぎだろ!エアコンだけじゃなくてスーパーも寒すぎて震えます。



【スポンサードリンク】




13 .夏がそこまで暑くない


デブの頃は内側からも外側からも熱がこもってこもって大変でした。痩せてからは耐えられないほどの暑さというのがなく、夏でも外に出かけれれるようになりました。

14.ポテチは分けて食べるもの


痩せてからは1袋全部食べると胃もたれで動けなくなるようになりました。というか、ポテチ自体食べなくなりました。

15.悲観的になるときは大概自分に問題があると気づいた


デブの頃は「どうしてあの人は私に厳しいの!」とか「いつもうまくいかない…つらい」とか悲観的になって思考停止していることが多かったです。しかし、それらの悲観的な考えのアンサーは9割「私がデブだから」でした。

16.ご飯が本当に美味しい


痩せてからは無駄食いしないようにしているので、ご飯を食べるときは本当にお腹が空いています。空腹で食べるご飯の美味しさたるやいなや><♪

17.「○○ダイエット」というのはあくまで短期間取り組むもの


「○○ダイエット」っていう名前のダイエット方法は短期間で取り組むものであって、長期でやるものではないと思いました。糖質制限も続けていればイライラしたり、メソメソしたりしてきます。どうやら糖質制限をしているとセロトニンが不足してしまい、鬱っぽくなっちゃうようです。

18.太っているとストレスを多く感じる


太っていると他人が厳しいです。そして自分もまた他人に厳しくなってしまいます。厳しさの中で生きているとストレスが多くなってしまいます。

19.股ズレしなくなった


よかった!股ズレしなくなったよ!

20.靴下を立って履けるようになった


靴下を立って履いても転がらなくなりました。急いでいるときに「ああよかった」と思いますねw

21.コンプレックスは武器になる


「太っていた」とか「貧乏だった」とか、そういったコンプレックスってアラサーぐらいになって武器になってくるんですね。そういったコンプレックスを克服してきたからこそ、私の言葉に含蓄が出てきたんだぞい!下積み的なものかな。

22.しっかり食べる=栄養バランスを考えて食べる


デブのころは「しっかり食べる=高カロリーなものを食べる」という意識でした。しかし、痩せてからは栄養バランスのいい食事を摂るというのが「しっかり」だと把握。

23.軽食は決して軽くはない


「"軽"食」として出されているケーキもサンドイッチも400kcalぐらいあるということに気づきました。なぜかデブのころは「軽食=低カロリー」という意識でした。

24.健康的に痩せないとひどい目にあう


気をつけましょう。無理なダイエットで私は胆石になりました。

25.太って卑屈になってると、痩せている子が恨めしい


人を恨む前に痩せましょうって話ですよね。なんだったんだあの頃(闇の時代)。

26.なんだかんだで清潔感が大事


太っていても清潔感があって可愛い癒し系の子はモテます。痩せていても不潔な子はモテません。体型も大事ですが、それ以上に清潔感が大事だと気づきました。

27.なんだかんだで笑顔が大事


なんだかんだで女は愛嬌です。美人でも愛嬌のない人は歳を取ってくると詰み。太っていても愛嬌のある子は可愛いです。あ、ニッチェの江上さんプロポーズおめでとう!(ぇ

最後に
30個書こうと思ったけど、ひねり出すのに疲れました。ではさようなら。



【スポンサードリンク】




Share on Google Plus